こちらのページはホールインワン給湯器標準工事の説明ページです。

任せて安心!フロフェッショナルのホールインワン給湯器工事。

ここが違う フロフェッショナルのホールインワン給湯器工事!

水栓金具や水道接続のフレキ管、ガス接続の強化ガスホースも含んだコミコミ価格
 なので予想外の追加費用を抑えられます。


脱衣所や洗面所のコンセントまで本体付属のコードを配線する電気工事を含んだ
 価格なので別途、電気工事代金を請求することはありません。

通線は通常洗濯用排水の穴を利用しますが、この穴がない場合のドリル貫通も標準工事で
 対応します!

浴室内の配線にはモール部材を使うので見た目もスッキリ!


※追加工事が必要な事例

ホールインワン給湯器の場合、下画像のようにトップそのものが見える場合以外は
 排気の方向を変える部材が必要になります。

ケース①
排気カバーが必要な場合
下画像のように排気吹き出し方向に障害物がある場合、排気を上向きにする
 排気カバーが必要があります。

●排気カバー KGOP-HL301 3400円

 


ケース②
サッシ用金具が必要な場合
下画像のように排気口の上がガラスになっていて壁より奥に入っている場合、
 ホールインワン給湯器の配管接続部に壁が当たってしまい工事ができないのでサッシ用金具
 という部材が必要になり追加料金が発生します。
●サッシ用金具 HL-WSW (奥行50mmまで)4200円
●サッシ用金具 HL-WSW-90 (奥行90mmまで)8000円
●サッシ用金具 HL-WSW-150 (奥行150mmまで)8000円

ケース⓷
チャンバーアダプターが必要な場合
下画像のように浴室内から見て丸い排気筒がある場合、チャンバーアダプターという部材で
 その排気筒につなぐ必要があります。
通路側から見ると左から2枚目の画像のように上部が網になっていて丸い煙突が突き出してきて
 先端には四角いステンレス板が取付けてあるのが特徴です。

●チャンバーアダプター HL-CADA 10500円

ケース④
チャンバートップが必要な場合
下画像のようなBF-S方式の場合チャンバートップという部材で排気を外に導く煙突を取付ける
 必要があります。
通路側から見ると鉄の扉の上部に直接ステンレス板が取付けてあります。
鉄扉にスリットが入っているのも特徴です。

●チャンバートップ HL-CTA 21200円

分岐水栓がない場合
ホールインワン給湯器には必ず分岐水栓が必要となります。
もし設置されていない場合は追加料金が発生します。

●分岐水栓 2300円

※エレベーターのない階上の場合は階上持上げ費がかかります。

●2階 ¥0  
●3階 ¥2000 
●4階 ¥3000 
●5階 ¥5000

 

 ホールインワン給湯器標準工事の基本内容

 

ホールインワン給湯器本体設置工事 ・・・ 本体とリモコンの取付、初期設定、試運転、使用説明。
                               

浴槽設置 ・・・ 浴槽の搬入と設置、水平やガタつきを確認 修正します。水栓金具も浴槽に取付けます。
                               
ガス工事 ・・・ 新品の強化ガスホースで接続します。

水道工事 ・・・ 分岐水栓よりホールインワン給湯器、及び水栓金具までの給水配管、給湯器から水栓金具までの
          給湯配管を新品のフレキ管で接続します。

電気工事 ・・・ホールインワン給湯器から一番近いコンセントまで本体付属の電源コードを配線します。
        浴室内の配線はモール部材で仕上げます。
        電源コードを通す穴がない場合も追加費用なしで穴をあけて対応いたします。

撤去処分費 ・・・ バランス釜、ホールインワン給湯器やダンボール等の残材は全てこちらで処分いたします。
           (浴槽は処分費4500円かかります)